【移住後は、こんな仕事で生きていく!】

野菜づくりの農業後継者になりませんか?

[業種] 農業
宮本農園 /葉もの野菜(ちんげん菜を中心に、ほうれん草等)
アグリタウン/米を中心に、ミニトマト等

Q. どんなお仕事ですか?

A. 農業です。私が経営する「宮本農園」と、息子が経営する「アグリタウン」の2つの事業体があり、経営はそれぞれ分けています。「宮本農園」と「アグリタウン」で、合わせて約50棟ものビニールハウスを稼働させています。
「宮本農園」のメイン作物は、ちんげん菜。通年でハウス栽培を行っており、年に7~8回収穫を行います。また、ほうれん草は年に4回ほど収穫します。
「アグリタウン」のメインは稲作。並行して、ビニールハウスでミニトマト等も栽培しています。
ちなみにビニールハウス50棟は、かなり大規模な農業者といえます。2013年には、全国の農業関係者2000人が集まる「全国農業担い手サミット」が石川県を会場に開催されたのですが、その際、全国から当町を訪れた担い手農業者40人が、宮本農園にも視察に訪れました。

Q. これから移住する初心者でも働けますか?

A. 大丈夫です。去年(2017年)から働いてもらっている中途採用の方は、40代で、元フランス料理人です。今は県内近隣市の七尾市から通勤して働いています。それ以前にも、従業員としてうちで農業の経験を積んだ方が複数おり、現在は、それぞれご実家の農業を継いで活躍していらっしゃいます。
ちなみに、「アグリタウン」を経営している息子も、平成10(1998)年に就農しました。

<移住検討中の方へのメッセージ>
現在、「宮本農園」の後継者となるべき人材を求めています。高齢となった私の栽培技術を受け継ぎ、農園を続けてくれる意欲ある人材をお待ちしています。
まずは、ぜひ農園を見にきませんか?

[お話を伺った方]
宮本 武志さん(宮本農園 代表)

<基本情報>
社名:宮本農園、有限会社アグリタウン
住所:石川県羽咋郡宝達志水町二口179
電話:0767-29-3560
参考URL:「アグリタウン」紹介ページ(公益財団法人いしかわ農業総合支援機構サイト内)
http://inz.jpn.org/nougyou-2/nougyou-2-8/nougyou-houjin/nougyo-houjin-34.html

会社見学や仕事体験について詳しくは、協議会事務局までお気軽にお問い合わせ下さい。